コレヒドールの戦い(1945)

爆撃編集

1945年1月23日、コレヒドールの防衛を軟化させるための空爆が開始された。 アメリカ陸軍航空軍(USAAF)の重爆撃機による毎日の攻撃は2月16日まで続き、595ショートトン(540t)の爆弾が投下された。 2月24日までの爆撃作戦開始後の推計では、2,028回の有効出撃が行われ、3,163ショートトン(2,869t)の爆弾がコレヒドールに投下された。

2月13日、アメリカ海軍は砲撃を追加し、巡洋艦と駆逐艦が海岸近くから砲撃し、散発的な日本軍の砲火に立ち向かい、翌日までに島の周りを掃海艇が行動した。 コレヒドール島の軟化、またはグロスター化(いわゆる、前の月にグロスター岬の激しい侵略前の砲撃の後)は、さらに三日間続いた。

2月14日、コレヒドール島上陸前の掃海作戦を支援していた駆逐艦フレッチャーが敵の砲弾に命中し、炎上した。 ウォータテンダーの第一級エルマー・チャールズ・ビゲローはこの炎と戦い、艦の保存に大いに貢献したが、重傷を負い、翌日に死亡した。 彼の勇気と個人的な犠牲のために、彼は死後に名誉勲章を授与されました。

2月16日の日の出に、統合されたB-24解放者による攻撃と、ダグラスA-20による1時間の低高度爆撃と機銃掃射が着陸に先行した。

TopsideEditのタッチダウン

08:33 16日の08:33に、意図した時間からわずか三分遅れ、ドロップゾーン上で16-18ノットの風に直面して、ミンドロに拠点を置く第503PRCTの千人の兵士の最初は、第5空軍の米国第317部隊空母グループのC-47部隊空母から脱落し始め、驚いた日本の守備隊、Majorの残党に浮かぶようになった。塚田利吉将軍の剣舞群。 しかし、一部の空挺部隊は日本軍の保有する領土に吹き飛ばされた。 敵の領土を通って崖を登ることができなかった、または岩の近くに落ちていた人の中には、ウィーラー-ポイント近くで救助されなければならなかったが、溺死した兵士はいなかった。

第503PRCTの空挺部隊は、1945年2月16日にコレヒドールに降下した。

守備軍がボーッと散乱したまま厳しい空気と海軍の砲撃にもかかわらず、彼らは積極的に結集し、激しい戦いはほとんどすぐに噴火しました。 その同じ朝のある時点で、彼らは”トップサイド”の空挺部隊の希薄な足場に突進すると脅した。

空挺部隊と歩兵は、井戸を掘って決定した敵と粘り強い戦いを繰り広げた。 2月16日の最初の着陸時に第503偵察隊に所属していたロイド・G・マッカーター(英語版)は、激しい砲撃の下で30 yd(27 m)の空地を横断し、至近距離では手榴弾を使った機関銃を沈黙させた。 数日後、彼は日本軍に多大な損害を与えたが、重傷を負い、マッカーターは名誉勲章を授与された。

Battle of Banzai PointEdit

コレヒドールを取り戻すための最も激しい戦闘は、2月18日の夜と翌朝早くにWheeler Pointで発生し、D中隊とF中隊、第2大隊、第503PRCTは、Battery HearnとCheney Trailの近くの守備位置に落ち着いた。 22時30分、月のない黒い夜の下で、500人の日本海兵隊が砲台スミス武器庫から出てきて、アメリカとフィリピンの陣地を充電した。 (これはまた、Pvt.McCarterが彼の名誉勲章を獲得した夜でした)。 F中隊は、南に突破しようとしている日本軍による攻撃を停止しました。 突撃による小さな突破口は、後方のエシェロンによって短く切断されたであろう。

沖合に敷設された軍艦によって夜間に発射されたフレアを除いて、50人の空挺部隊の武器によって三時間の戦いが決定された。 その後の混乱のために、会社のすべての人が戦闘に関与したわけではありませんでした。 野蛮な遭遇は失敗に終わり、250人以上の日本の死体が200ヤード(180m)のチェイニー-トレイルに沿って散らばっていた。 F中隊は死者14名、負傷者15名を出した。 これはコレヒドールに対する日本軍の最初の重大な攻撃であった。 第503回の公式歴史家は、ウィーラー-ポイントを”バンザイ-ポイント”と呼んでいる。

第34歩兵連隊がサンノゼ-ポイントに上陸

同時に、第503空挺部隊はエドワード-M中佐指揮下の第3大隊の最初の波である”トップサイド”に上陸した。 第24歩兵師団の第34歩兵連隊(オーブリー-S-“レッド”-ニューマン大佐指揮)は上陸し、コレヒドールの東端にあるサンノゼ-ポイントに”ブラック-ビーチ”と名付けられたビーチヘッドを設置した。 その後の部隊の波は急いで組織された日本の防衛の矢面に立ち、いくつかの上陸用舟艇と歩兵は地雷の犠牲者になった。 大隊は散発的な抵抗に対して内陸に押し込み、主に島の地下通路から出てきたグループから前進するアメリカ軍をウェイレイに向かわせた。

フランク—センタンニ大尉とルイス—F-スターンズ大尉の下にあるK中隊とL中隊の第3大隊部隊は、それぞれマリンタヒルへの道路と北部と南部の入り口を確保し、ギルバート-ヒーバーリン大尉のA中隊は水線の近くに駐屯した。 第1中隊はポール・カイン中佐の指揮下で北ドックを占領し、港を守った。 彼らは他の部隊が戦車や火炎放射器を伴って内陸に移動したときに日本軍をトンネルの中に留めることを意図していました。 2月23日までの8日間、これらの部隊は連続したバンザイの告発、迫撃砲の攻撃、そして爆発物を身体に縛り付けた兵士の自殺部隊を避け、300人以上の日本人を殺した。

2月21日21時30分、マリンタヒル近くで、数十人の日本人生存者が大爆発の後にアメリカ軍陣地を攻撃して殺害された。 二晩後、同様の攻撃が起こった。 その後、アメリカの技術者は大量のガソリンをトンネルの下に注ぎ、点火した。 その後の日本の活動の欠如は、日本の守備隊が一掃されたことを暗示していた。

残りのキャンペーンでは、組織化された日本の攻撃はこれ以上ありませんでした。 孤立した抵抗のポケットだけが、コレヒドールが確保されたと宣言された2月26日まで戦い続けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。