ファイザーのJAK1阻害剤が第3相アトピー性皮膚炎試験に影響を与える

ファイザーは11日、中等度から急性アトピー性皮膚炎(AD)患者におけるアブロシチニブの有効性を決定することを目的とした第3相JADEレジメン試験の結果を発表した。 アブロシチニブによる治療は、治療された患者の60%以上に対して、炎症徴候がないか、または知覚可能な紅斑と定義される、明確またはほぼ明確な調査官のグローバルアセスメント(IGA)応答をもたらした。 重要なことに、これらの患者のほとんどは、試験の全期間にわたって治療に応答し続けたため、治療に対する抵抗性を発症しなかった。

アトピー性皮膚炎は、皮膚の赤いうろこ状のパッチと重度のかゆみを特徴とする慢性炎症性疾患です。 米国では、約960万人の子供と1650万人の成人がADに苦しんでいます。 世界的には、ADは成人の10%、小児の20%までに影響を及ぼし、1990年代後半から増加しています。

ADの治療法はありません; 但し、口頭か項目副腎皮質ホルモンは発火を減らし、何人かの患者のitchinessを制御できます。 他の薬剤には、カルシニューリン阻害剤、および新たにFDA承認のIL-4受容体拮抗薬デュピルマブが含まれる。 すべての患者がこれらの薬物療法に反応するわけではなく、デュピルマブを注射しなければならない。 このため、新しい経口的に利用可能な有効な治療選択肢が必要である。

ジェイドレジメン研究

ジェイドレジメンは、無作為化された、応答者が豊富な、二重盲検、プラセボ対照、第3相離脱試験であった。 試験は52週間にわたって行われた。 最初に、すべての患者は応答者の状態を定めるために200週のためのAbrocitinibのmgを12受け取りました。 1233人の患者のうち、64.6%がアブロシチニブに反応し、これは予想よりも高い割合であった。 これらの患者は、100mg、200mgのアブロシチニブ、またはプラセボの三つのグループのいずれかに40週間、二重盲検、維持期間割り当てられました。 結果は2つのAbrocitinibのグループの患者が偽薬の19.1%対火炎信号を経験していない患者の81.1%および57.4%の発赤を、経験してまずなかったことを示しました。 さらに、研究中に新しい安全信号は観察されなかった。

“アトピー性皮膚炎は、日常生活に多くの不確実性と混乱をもたらし、フレアの予測不可能性は、疾患の治療と管理を複雑かつイライラさせる可能性があ “私たちの第3相臨床試験プログラムからのこれらの最新の結果は、承認された場合、患者の面倒なフレアを防ぐために持っている可能性があり、潜在的なアブロシチニブに光を当てました。”

Ad

Abrocitinibに対するJAK阻害剤は、Janusキナーゼ(JAK)1タンパク質を阻害する経口的に利用可能な低分子である。 この蛋白質の阻止はADの病理学にかかわると考えられる多数の炎症性分子のレベルを調整します。 ファイザーは、米国食品医薬品局による優先レビュー指定と、欧州医薬品庁によるアブロシチニブの販売承認申請を受けています。 しかし、これは現在ADの治療のために試験されている唯一のJAK阻害剤ではない。

現在、第3相臨床試験には他にもJAK阻害剤があります。 いくつかの例は、AbbVieによって開発されたUpadacitinib、およびOlumiantとElli Lillyによって共同開発されたBaricitinibです。 さらに、Incyteは、ファイザーと共同で、ADの治療のために2番目のJAK阻害剤、ルキソリチニブを試験しています。 そう遠くない背後には、製薬メーカー Torriと日本たばこ産業によって開発された第2a相臨床試験中のpan-JAK阻害剤Delgocitinibがあります。

By Daniel Ojeda,Ph.D.

関連記事: ファイザー、強直性脊椎炎試験におけるJAK阻害剤の肯定的なトップライン結果を発表

  1. https://www.pfizer.com/news/press-release/press-release-detail/pfizer-announces-positive-results-fifth-phase-3-trial
  2. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/atopic-dermatitis-eczema/symptoms-causes/syc-20353273
  3. https://nationaleczema.org/research/eczema-facts/
  4. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/atopic-dermatitis-eczema/diagnosis-treatment/drc-20353279
  5. https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/29471919/
  6. https://practicaldermatology.com/articles/2020-apr/phase-2-and-3-trials-of-jak-inhibitors-for-atopic-dermatitis-a-review

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。