“状態の失敗”の概念と現代のセキュリティと開発の課題

“状態の失敗”の概念と現代のセキュリティと開発の課題を理解するためのその使用

“状態の失敗”とセキュリティと開発の課題は、1990年代の概念の創設以来、一般的にリンクされてきた。ロバート-ロトバーグによる”状態の失敗”の定義を見ると、固有のリンクが特に明らかになる。 ロトベルグによると、州は”内部暴力によって消費され、住民に肯定的な政治的財を提供するのをやめるとき”失敗したと考えられている。 ロトバーグにとって、主要な公共財は、領土内の安全保障の提供です。 この財が提供されると、紛争解決、法の支配、政治参加、教育、医療など、他の多くの財が進化する可能性があります。 その結果、暴力は”失敗した状態”のために特異的です。 他の指標は、略奪的な政府、領土の支配の喪失、犯罪的暴力と軍閥の台頭、医療と教育サービスの欠如、一人当たりのGDPの減少である。 弱い国家は、上記の政治財のいくつかでうまく機能するかもしれないが、全体的な失敗はすべてのカテゴリに関連している。 一般的に国家が測定されるベンチマークは、したがって、その三つのコア機能を持つ西洋の国家である:表現、安全保障、およびその人口の福祉のための関

ロトバーグの州の失敗の症状は、幼児死亡率、エイズ、教育の保証を減らすというミレニアム開発目標(MDG)の目標と重複している。 上記の定義から、開発に関連する政治財を提供することは国家の中核的義務であると認識されていることが明らかになる。 実際には、機能状態の確立自体は、多くの場合、開発の課題とみなされています。 セキュリティのガードとしての伝統的な役割では、国家は国家の領土と国家機関の保護を担当しています。 ポストモダンの状態は、多くの場合、より絡み合った性質のものであるように、国家安全保障問題は、ほとんど国家の国境内に滞在しません。 この意味で、国家の国内安全保障の欠如は、国境を越えた安全保障の問題に変わる可能性があります。

安全保障と開発の課題に関する国家の失敗の概念を評価するために、このエッセイは国民への物資の提供における国家の役割について批判的に 非公式のアクターの出現は、失敗した州におけるガバナンスの完全な欠如の仮定に挑戦する。 Rotbergの定義に続いて、国家に起因する資質の特定の概念的な問題が議論され、失敗した国家における非公式のアクターによるガバナンスの異なる形が このための例は、コンゴ民主共和国(DRC)とソマリアのサブ国家エンティティSomalilandの教育部門から取られます。 最後に、特に国境を越えた安全保障の観点から、国家の失敗によってもたらされるさまざまな問題の分析は、これらのサービスの提供者としての国家の重要性を実証するでしょう。

国家、国家の失敗、統治

国家の失敗は、冷戦後の現象として最初に見られました。 しかし、9月11日のテロ攻撃では、政策立案者や学者の懸念は、弱い国やテロに関連する安全保障問題にシフトしました。 安全保障と開発政策に関して主流ではあるが、この概念はかなりの量の批判の対象となった。 一般的に、故障をより正確に特定し、状態の誤動作のほとんど匹敵しないケースのための広範なラベルを避けるために、基準のさらなる改良が求められ 例えば、チャールズ・コールは、国家の失敗の概念を「安全保障」、「正当性」、「能力」のギャップに細分化した。

もう一つの批判は、主にアフリカの植民地後の国家を見て、西洋式国家の理解に取り組み、政府の手段としての普遍的な適用性に疑問を呈している。 議論は、力の独占というウェベリアンの考えを中心に展開するだけでなく、民主主義の概念と市民の幸福についての懸念を中心に展開しています。 間違いなく、ヨーロッパの国家の起源は非常にユニークな歴史的プロセスの結果です。 例えば、ヨーロッパ諸国は領土と貿易のための絶え間ない競争にあり、中央当局の創設を推進しました。 この文脈では、国家領土の形成が重要であるだけでなく、それを物理的に制御する能力も重要である。 これは、現代の国家とその特徴的な側面が普遍的な統治形態ではなく、特定の目的を達成するために構築されていることを示唆している。 クリストファー-クラパムは、ヨーロッパの植民地勢力が伝統的にほとんど支配されていない地域に国家を強制していた方法を説明している。 しかし、課された国家は、伝統的な形態の組織を消去するのに十分な長さまで保持されていませんでした。

旧植民地国家の人工的な起源に照らして、国家に対する西洋の期待と実際の統治は対応していないかもしれない。 状態関数は、その結果ではなく、状態形成のプロセスの結果であるように見えます。 この意味で、国家機関の存在は、安全保障と積極的な政治財の提供に変わることができない。 次に、状態の失敗は、これらの商品の完全な欠如につながることはありません。 ガバナンスに焦点を当てることは、”集合的に拘束力のあるルールを作り、実施し、集合的な商品を提供する”能力として定義され、制度的国家との区別によ

国家の失敗の状況における非公式のアクターとガバナンス

多くの例は、弱い国が公共サービスと安全保障の提供の独占を失う可能性があることを示しており、これは様々な程度に起こる可能性がある。 Christian Lundが指摘したように、その義務を果たすための州の闘争は、州の機関と地元のより伝統的な機関との間の俳優の「アマルガム」をもたらす可能性があ これらの異なるグループは、公共の権限を行使し、したがって、ガバナンスの形を提供するために、異なる政策分野で様々な同盟を交渉します。 コンゴ民主共和国の教育部門のケースは、州の機能をどのように交渉できるかを明確に強調しています。 ザイールの構造調整プログラムの中で取られた措置のために、教育のための予算は劇的に削減されました。 教師がこれ以上支払うことができなかったとき、カトリック教会と両親はステップインし、教師の給与を補充するシステムを作成しました。 注意すべき重要なのは、状態がないことが真空に変換されないことです。 非国家主体が国家のために立っているという事実は、国家の失敗の測定に関して疑問を提起する。 文脈から取り除かれた状態の特徴を指摘することは、理想化を引き起こす可能性がある。 洗練された政治財の提供者としての国家の理想的な定義に対して測定すると、多数の国家は”失敗した”とみなされなければならない。 驚くべきことに、州は教育部門から後退しましたが、学校教育の面では、DRCは他のサハラ以南のアフリカ諸国と比較して平均を上回っていました。 その後、固定されたものとしての状態の定義は、その継続的な制度的進化と状態形成を構成するプロセスの開放的な性質を否定する。

DRCの例では、州の構造が非公式の主体に干渉していたが、州が存在しない場合にもガバナンスを提供することができる。 ChojnackiとBranovicは、定義された領土での暴力の独占が、民間人の課税と引き換えに安全保障の提供を通じて反乱軍にとってどのように有利になるかを説明し たとえば、武将はインフラを提供し、ある程度のガバナンスとみなすことができる税制を開発します。 最終的には、そのような限られた制度化は進化する可能性があります。 例えば、武装グループが、保健サービス、教育、金融サービスを提供することによって、さらに正当化する必要性を認識している場合。 インフォーマルガバナンスの制度化の印象的な例はソマリランドです。 ソマリア中央政府は1991年に事実上崩壊し、その後数多くの国際的な国家建設の努力が失敗したが、驚くべきレベルのガバナンスが開発された。 ソマリランドは平和と安全を提供しただけでなく、いくつかの省庁で働く政府と行政を開発しました。 それは学校を提供し、軍隊と警察を楽しませ、選挙を開催することさえできました。 中央政府は失敗したが、政治財と安全保障は非公式の主体によって提供されており、少なくとも地方レベルでは失敗した国家の診断に反論している これらの代替ガバナンス構造は、これらのサービスのいずれも提供できない国家の正当な主権にある程度疑問を呈しています。 実際、ソマリランドの例はジェフリー-ハーブストの主張を確認しているようである。 彼は、権限を課し、基本的な財を提供することができない国家は主権を奪われ、新しい機能国家は分離する可能性を得るべきであるという考えを保持

ソマリランドの例が示すように、非公式のアクターは他の主権国家に匹敵するレベルで国家機能を提供することができる。 しかし、非公式のアクターによるサービスの提供は、費用便益計算として記述することができる。 セキュリティは、民間人が生産的な仕事を追求することを可能にし、その見返りに課税することができるという前提が不可欠です。 いくつかの州は、この費用便益関係に基づいてパフォーマンスを行うと主張することができます。 ロバート-ベイツは、アフリカ諸国の場合、国家の指導者がその主題を保護することから得ることができるときにのみ平和が与えられると主張した。 しかし、収入の減少、天然資源による利益の見通し、指導者の地位の脅威は、州の失敗を引き起こし、州を捕食者に変える可能性があります。 この文脈では、リーダーシップの意図が不可欠になります。 国家がその義務を果たしていないという事実は、そうする意志の欠如によって引き起こされる可能性があります。 公共の利益のために行動する意図は政治的財を提供するために必要ではないが、その欠如は、したがって、特定の利益に基づいているこれらのサービ 法の支配や政治的表現など、見当違いのリーダーシップの力を制約する機関がない場合、私的主体と公的主体の区別がぼやけてしまう可能性があります。

国家、公共財、国境を越えた安全保障

国家の特定のサービスは非公式の主体によって引き継がれる可能性があるが、その品質には疑問が呈されな 2007年のCIFP脆弱性スコアとミレニアム開発目標を達成する可能性との比較を通じて、David CarmentとYiagadeesen Samyは、DRC、アフガニスタン、ハイチなどの低ランクの国が目標の達成に遅れていることを発見した。 西洋式の州では、その領土内に住む市民のために一括してサービスが提供されます。 Thomas Risseが主張するように、国家としての地位が一時的に特定の社会集団や政策分野に限定されている場合、ガバナンスの集団的性質は想定できません。 したがって、ある程度、”共通の利益”に役立つ資質を指摘するための西洋型国家との規範的な比較は避けることはできません。 チャールズ-コールが説明しているように、公共財の民営化は、しばしば弱い国家機関の腐敗と縁故主義に関連しており、少なくとも非公式のアクターを制

国家の失敗は、より広範な国際レベルでも同様に問題があるようだ。 上記のように、グローバル化した世界では、安全保障問題は単一の州の境界にはほとんど含まれていません。 失敗した国に関連する国際安全保障の主な懸念の一つは、テロです。 テロリズムは、過去には、一般的にテロリストが起訴を恐れることなく、彼らの犯罪の意図を追求することができる”安全な避難所”として失敗した国にリンクされています。 スチュワート-パトリックは、テロリストは、通信、輸送、銀行システムの基本的なインフラを提供するパキスタンのような弱い国家を好むが、弱く腐敗した機関によっても特徴づけられると示唆している。 しかし、ソマリアの場合、ケニアへの武器の輸送ゾーンとしての国の役割と、国際的なテロリストのための一時的なアジトとしての役割が指摘されている。 アルカイダと民兵の最初の国際テロ攻撃とイスラム主義民兵のアルシャバブの最近の所属は、国家の失敗へのより劇的なリンクを示しています。 増殖の面では、失敗した状態は、小型武器の普及に重要な役割を果たしています。 スチュワート-パトリックは、国境を越えても、公衆衛生システムのない失敗した州では、感染症がより簡単に広がっていると主張している。 国家の失敗に関連する別の問題は、国境を越えた犯罪に関係しています。 麻薬の生産と密輸は、特に”失敗した州”で流行しています。 ソマリアの場合は、近隣諸国のための難民の問題を示しています。 ケニアのソマリア難民は、密輸や小型武器の貿易に従事し、ケニアの国境地域内で無秩序と暴力を引き起こしています。 ソマリア沿岸から生じるアフリカの角での海賊行為は、国家の崩壊に起因する別の国境を越えた脅威を示しています。

非公式アクターと州の失敗への関心

州の失敗に対処するときは、上記の例で述べたように非公式の構造を考慮することが重要です。 特定の俳優は、国家の失敗の維持、したがって彼ら自身の力にかなりの関心を持っています。 David Keenは、平和の時代に犯罪となる経済活動に基づく戦争経済が、戦争を延長する主な動機になる可能性があることを示唆しています。 これは、国家の失敗を延長することに関心を持っているので、失敗した州で課税に対して安全を提供する武将や俳優の例に適用されます。 ソマリアの場合は、状態の失敗の受益者の二つの他の例を示しています。 一方で、俳優たちは中央国家の分担に不満を抱いている。 異なる氏族間の激しい争いの気候では、中央国家は抑圧と財政的抽出のためのツールと見なされています。 一方、一部の俳優、例えばビジネスマンは、彼らの経済的、政治的野心を乱すために新しい中央政府の設立を恐れています。 考慮されなければ、これらの俳優は国家建設の努力を台無しにするかもしれません。 このため、メンハウスは、ソマリアの場合には、中央国家の義務を、非国家主体によってまだ提供されていない安全保障、正義、紛争解決の観点から、最小限のサービスに減らす”仲介国家”を提案し、地元の主体はパートナーとして認識されている。

結論

現代のセキュリティと開発の課題を理解する上で、状態障害の概念は混在して使用されています。 一方で、開発の結果ではなく手段として理解されている国家の規範的定義は、非公式の主体によって安全保障と政治財が提供されることを考慮して DRCの教育システムの崩壊が示すように、失敗した州は決定を執行するために彼らの独占を失うかもしれないが、交渉された権限の形態が政治サービスの維持につながる出現する可能性がある。 ソマリランドの場合が示すように、国家の崩壊でさえ、安全保障と政治財の欠如には変わりません。 これは、これらのサービスの唯一のプロバイダとしての状態の仮定に挑戦します。 結局のところ、状態の失敗は、それが測定される理想に大きく依存します。

非公式のアクターは安全保障と政治財を提供することができるため、開発に貢献するが、彼らの行動は費用便益計算に基づいていることを強調しなければならない。 重要なのは、失敗した州におけるガバナンスと公共財の提供が集団として想定されることができないという事実である。 ある程度、共通の利益のために行動する国家の規範的な定義は避けることができません。 さらに、国際的な安全保障上の課題の面では、国家安全保障を課すことができる国家の不在は、特に上記のテロや国境を越えた犯罪の例として問題を提起する可能性がある。

非公式の主体は中央国家を置き換えることはできないが、国家建設の努力を成功させるためには考慮する必要がある。 第一に、彼らは状態の失敗を延長することに興味を持っているかもしれません。 さらに、メンハウスの”仲介された国家”の提案が示すように、ガバナンスの機能構造を国家構築の努力に統合することは有望である可能性がある。

参考文献

Bates,Robert(2008),’When Things Fell Apart:State Failure in Late Century Africa'(Cambridge:Cambridge University Press).

Call,Charles(2011),’beyond the’failed state’:Toward conceptual alternatives’,European Journal of International Relations,Vol. 17,No.2,pp.303-326.

Carment,David,(2003),’状態の失敗の評価:理論と政策への影響’,Third World Quarterly,Vol. 24,No.3,pp.407-427.

Chojnacki,Sven,Branovic,Zeljko(2011),’新しいセキュリティモード: 限られた州の戦争で荒廃した地域におけるガバナンスの暴力的な作りとUnmaking’,In Risse,Thomas(ed.)(2011年)、”国家のないガバナンス? “限られた国家の政策と政治”(ニューヨーク:コロンビア大学出版局)、pp.89-115。

失敗した州(CIFP)、脆弱な州および失敗した州のための国指標。 インジケーターの説明, http://www4.carleton.ca/cifp/ffs_indicator_descriptions.htm, 3.12.2012

Clapham,Christopher(2004),’The Global Politics of State Decay’,In Rotberg,Robert(ed.)(2004),’When States Fail:Causes and Consequences’,(Princeton:Princeton University Press),pp.77-94.

Di John,Jonathan(2010),’The Concept,Causes and Consequences of Failed States:A Critical Review of Literature and Agenda for Research with Specific References to Sub-Saharan Africa’,In European Journal of Development Research,Vol. 22日、Iss. 1,pp.10-30.

Herbst,Jeffrey(2004),’Let Them Fail:State Failure in Theory and Practice’,Rotberg,Robert(ed.)(200),’When States Fail:Causes and Consequences’,(Princeton:Princeton University Press),pp.302-318.

Jackson,Paul(2003),’Warlords as alternative forms of Governance’,Small Wars&Insurgencies,Vol. 14,No.2,pp.131-150.

Jackson,Robert,Sorensen,Georg(2007,3rd ed),’Introduction to International Relations:Theories and Approaches’,(New York,Oxford University Press).

Keen,David(1998),The Economic Functions of Violence in Civil Wars,Adelphi Paper,Vol.3 2 0,(Oxford:Oxford University Press for the IIS)。

ルンド,クリスチャン,(2006),”トワイライト-インスティテュート”: “アフリカにおける公共機関と地方政治””開発と変化”Vol. 37,No.4,pp.685-705.

Menkhaus,Ken(2004a),’Somalia:State Collapse and the Threat of Terrorism’,Adelphi Paper364(Oxford:Oxford University Press,2004).

Menkhaus,Ken(2004b),’Vicious Circles and The Security Development Nexus in Somalia’,Journal of Conflict,Security and Development,Vol. 4,No.2,pp.149-165.

Menkhaus,Ken(2006),”ソマリアにおける政府のないガバナンス。 スポイラー,国家建設と対処の政治’,国際安全保障,Vol. 31,No.3,pp. 74–106.

Milliken,Jennifer,Krause,Keith(2002),’State Failure,State Collapse,and State Reconstruction:Concepts,Lessons and Strategies’,Development and Change,Vol. 33、Iss。 5,pp.753-774.

Olivier de Sardan,Jean-Pierre(2008)’アフリカにおけるリアルガバナンスの実践的規範の研究’,ディスカッションペーパー No.5 2008,http://www.institutionsafrica.org/filestream/20090109-discussion-paper-5-researching-the-practical-norms-of-real-governance-in-africa-jean-pierre-olivier-de-sardan-jan-2009,1.12.2012.

Patrick,Stewart(2007),'”失敗した”国家とグローバル安全保障:経験的質問と政策ジレンマ’International Studies Review,Vol. 9月、Issに移籍した。 4,pp.644-662.

Roach,Morgan,Walser,Ray(2012),’Saving Somalia:The Next Steps for The Obama Administration’,The Heritage Foundation,Backgrounder No.2691,http://thf_media.s3.amazonaws.com/2012/pdf/b2691.pdf,30.11.2012.

Rotberg,Robert(ed.(2004),’When States Fail:Causes and Consequences’,(Princeton:Princeton University Press),pp.1-49.

Risse,Thomas(ed.)(2011年)、”国家のないガバナンス? “限られた国家の政策と政治”(ニューヨーク:コロンビア大学出版局)、pp.3-35。

Samy,Yiagadeesen,Carment,David(2011),”ミレニアム開発目標と脆弱な国家: “本当に重要なことに焦点を当てて、世界情勢のフレッチャーフォーラム、Vol. 35,No.1,pp.91-108. http://www4.carleton.ca/cifp/app/serve.php/1326.pdf, 30.11.2012.

世界銀行(2011),開発報告書2011″紛争、安全保障および開発”,http://web.worldbank.org/WBSITE/EXTERNAL/EXTDEC/EXTRESEARCH/EXTWDRS/0,,contentMDK:23256432~pagePK:478093~piPK:477627~theSitePK:477624,00.html,30.11.2012.

Titeca,Kristof,de Herdt,Tom(2011),””失敗した国家”を超えた本当のガバナンス:コンゴ民主共和国における教育の交渉”,African Affairs,Vol. 110番イッセー439,pp.213-231.

国連(2012)、ミレニアム開発目標報告書2012、http://mdgs.un.org/unsd/mdg/Resources/Static/Products/Progress2012/English2012.pdf、30.11.2012。

UNDP、国際的な人間開発指標, http://hdrstats.undp.org/en/indicators/default.html, 1.12.2012

ロトバーグ(2004),p. 1

同上。 p. 3

同上。

同上。 ——-5-9

同上。 p.4

ミリケン&クラウス(2002),p. 756

2012年、pp.16、26、38。 さらに、一人当たりGDP、健康、教育などの定義に含まれる側面は、人間開発指数の重要な基盤です。 国際的な人間開発指標、http://hdrstats.undp.org/en/indicators/default.html、1.12.2012を参照してください。

Milliken&Krause(2002),p.762,di John(2010),p. 24

Jackson&Sorensen(2007),pp.274-273

Patrick(2007),p.645,Carment,(2003),p. 407

コール(2011),p. 306

Clapham(2004),p. 83

Milliken&Krause(2002),pp. 756

同上。,di John(2010),p. 16

Clapham(2004),pp.78-9,Herbst(2004),p. 303

同上。 p. 83

同上。 p. 78

同上。 p. 85

オリヴィエ-ド-サルダン(2008年)、p. 5

Chang(2002)di John(2010),pから引用. 24

ミリケン&クラウス(2002),p. 757

Risse(2011),pp.16,p. 4

同上。 p. 9

ルンド(2006),p. 686

同上。 ,Titeca&de Herdt(2011),pp.217-8

Titeca&de Herdt(2011),p. 222

同上。 p. 230

ミリケン&クラウス(2002),p. 762

Risse(2011),p. 4

Titeca&de Herdt(2011),p. 221

Patrick(2007),p.644,di John(2010),p.16,Carment(2003)p. 410

Chojnacki&Branovic(2011),p.94

ジャクソン(2003),p.138

Chojnacki&Branovic(2011),p.94

メンハウス(2006),p. 74

メンハウス(2006),p.91

メンハウス(2006),p. 92

ハーブスト(2004年)pp.313-314

メンハウス(2006),p. 91

Chojnacki&Branovic(2011),p. 104

ベイツ(2008),p.16

ベイツ(2008),p. 28

パトリック(2007),p. 651

Risse(2011),pp.14-5

同上。 p.4、この点は、植民地後の国家における新パトリモニアリズムに関する議論に触れる。 簡単な概要は、di John(2010)、p.18によって提供されています。

カルメント&Yigadeesen(2011),p.100. CIFP指数は、ガバナンス、経済、安全保障と犯罪、人間開発、人口統計と環境の分野から取られた指標に基づいて国をランク付けします。 方法論の詳細については、CIFP Indictor description:http://www4.carleton.ca/cifp/ffs_indicator_descriptions.htm,3.12.2012を参照してください。 「脆弱で紛争の影響を受けた国」とMDGsに関する同様の調査結果が、世界銀行(2011),p.で発表されている。 5

Risse(2011年)p. 16

同上。

同上。

コール(2011),p. 312

Jackson&Sorensen(2007),pp.274-273

パトリック(2007),p. 653

同上。,p. 654

メンハウス(2004a),p. 70

Roach&Walser(2012),p.6

パトリック(2007),p. 654

同上。 p. 657

同上。 p.655,Menkhaus(2006),p. 90

Menkhaus(2004a),pp.51-52

Roach&Walser(2012),p.12

Keen(1998),p. 12

メンハウス(2006),p. 96

メンハウス(2004)a,p. 28

Menkhaus(2004a),pp.39-40

Menkhaus(2006),pp.78, 102

クラックス(2011年)、メンハウス(2006)

ルンド(2006),タイテカ&デ-ヘルト(2011)

メンハウス(2006),p. 91

(2011年)、p. 9

同上。 p. 4

チョイナッキ&ブラノビッチ(2011)

Risse(2011),pp.14-15

Risse(2011),p. 16

パトリック(2007年)、pp.652-658

Keen(1998),p.12,Menkhaus(2004a),pp.39-40

メンハウス(2006),p. 102


執筆者:Johanna Moritz
執筆者:King’S College London,Department of War Studies
執筆者:Mats Berdal and Kieran Mitton
日付執筆者:Kieran Mitton
日付執筆者:Kieran Mitton
日付執筆者:Kieran Mitton: 12月2012

E-International Relationsに関する更なる読書

  • 国家の失敗が安全保障に及ぼす影響
  • 主権のウェストファリアモデルによって特徴付けられる国家の失敗
  • コソボの国家建設-正当性の課題
  • ソマリアの国家の失敗を分析するための構成主義的アプローチ
  • ウォルトの安全保障概念の批判的分析
  • >
  • 革命後のリビアの国家建設課題の批判的分析

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。